「ふれあいいきいきサロン」のすすめ

地元で楽しいふれあいの場をつくってみませんか!

「ふれあいいきいきサロン」とは、歩いて行ける場所に地域住民が主体的に集まり、共同で楽しく交流し、仲間づくりをしていく場です。

 例えば、家にこもりがちな高齢者や障害者、昼間独りで育児をしている若いお母さんなど、共通した課題や不安を持つ方々がいらっしゃいます。そういった方々が手をつなぎ合い、励まし合う場がこのサロンなのです。

 

   誰がどうやって始めますか?

  サロンの実施主体はサロンを設置する地区で、サロンの目的に賛同する住民によって始めてください。

 

   開催場所はどこがいいですか?

  サロンは、身近で気軽に集まれる地区の公民館等において実施してください。ただし、サロンが適切に実施されると認められる場合には、個人宅などにおいても実施できます。

 

   どんな人が参加できますか?

参加者は、地区内の居住する方ならどなたでも参加できます。

 

   実際どんな活動をしますか? 運営方法はどんなふうに?

サロンの運営は、参加者相互の計画により行います。内容は、まったく自由です。「あれもしよう。これもしよう。」と無理をしたり、欲張ったりせず、おしゃべりを主体に楽しい雰囲気づくりが大切です。参加者同士、少しずつ知恵を出し合っていきましょう。開催回数は、ひと月に1回以上を目標にしてください。必要な費用は、お茶・菓子代など、参加者が負担することが原則です。

 

   何か支援とか補助はありますか?

社協は、サロンの運営のために情報提供や相談援助などの支援をします。少なくとも年1はサロンの代表者を集めて「サロン連絡会」を開催します。サロン運営の経費の一部を予算の範囲内で補助します。また、日帰り行事に社協車両(運転手付き)を運行できます。

社会福祉法人白石町社会福祉協議会ふれあいいきいきサロン事業実施要綱.pdf
PDFファイル 49.6 KB

Ⅰ 基本補助金

    1サロン 100円×参加人員×実施回数(補助対象回数は年間12回以内)    

基本補助金申請書様式.doc
Microsoft Word 45.5 KB
サロン実施報告書様式(A3).doc
Microsoft Word 57.5 KB
サロン実施報告書様式(A3)作成例.pdf
PDFファイル 84.9 KB

Ⅱ 活性化補助金(講師謝礼や運転謝礼等)

  1サロン 年度内10,000円以内(限度額以内なら、年度内に何回も利用可)

活性化補助金・申請書様式.pdf
PDFファイル 47.8 KB
活性化補助金・報告書様式.pdf
PDFファイル 47.8 KB

Ⅲ 社協車両利用

    1サロン 運転手付きで燃料代無料、1回2台まで、年度内2回まで利用可

社協車両利用申請書.pdf
PDFファイル 63.1 KB

Ⅳ 基盤整備補助金(原則、新規サロンの備品等整備)

  1サロン 経費の4/5補助 新規年度内40,000円以内

基盤整備補助金申請書・報告書様式.xls
Microsoft Excel 36.5 KB